シンバちゃん

【トイプードルヘアーカット】カットの基本からオシャレなアレンジまで解説!

お問い合わせはこちら

[営業時間] 12:00 〜 22:00 / [定休日] 不定休

【トイプードルヘアーカット】カットの基本からオシャレなアレンジまで解説!

【トイプードルヘアーカット】カットの基本からオシャレなアレンジまで解説!

2023/12/01

今やトイプードルは日本でも人気のある犬種の一つです。その為、飼い主の方が自宅で行うトイプードルのヘアーカットも増えてきているようです。しかし、初めてカットをする方にとってはどうやってカットすれば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、トイプードルのヘアーカットの基本からオシャレなアレンジまでを解説していきたいと思います。

目次

    1. トイプードルの理想的なカット方法

    トイプードルは、そのプードルの中でも小型サイズの品種であり、非常に可愛らしく飼いやすい犬種として人気を集めています。その特徴的なファーカットは、飼い主によって決められることが多いですが、その中でも特に人気なのがランブカットと呼ばれるカット方法です。 ランブカットとは、ボディ部分を短くカットし、足元と顔周りをふんわりとさせる方法です。この方法は、トイプードルの特徴的な愛らしい印象を引き出すことができるため、多くのブリーダーからも推奨されています。 ただし、ランブカットには注意点があります。特に、顔周りのカットは正確性が求められるため、初心者の場合はトリマーにお願いすることをおすすめします。また、カットは定期的に行われるため、飼い主自身が道具や技術の習得をすることも重要です。 トイプードルのカットは、愛犬の健やかな成長にとっても大切です。適切なカット方法を選び、愛犬と共に健康的で楽しい暮らしを送ることができるようにしましょう。

    2. シンプルなカットでも可愛さUP!ボブスタイルの作り方

    ペットブリーダーとして活躍する方々は、一つの業種として、どのようにペットを飼い主にお渡しするか、ということも重要な仕事の一つです。そして外見が可愛い、おしゃれなペットを提供することも、ブリーダーの大切なミッションの一つです。 今回は、ブリーダーの方々に向けた、ボブスタイルのカット方法について紹介いたします。特に、シンプルなカットでも可愛さを実現できる方法をご紹介します。 ボブスタイルとは、髪を顎のライン付近でカットしたスタイルのことです。ペットでもこのスタイルを取り入れることで、軽やかで可愛らしい印象を与えることができます。 まずは、ペットの顔周りをしっかりと整えましょう。耳周りや目周りの毛をカットすることで、表情が明るくなります。そして、ボブスタイルの長さに合わせて、全体の毛をバランスよくカットします。 ここでポイントとなるのは、毛束を1つ1つと丁寧にカットすることです。また、カットする角度によっても雰囲気が変わりますので、カットに自信がない方は、プロのトリマーに相談することもおすすめです。 シンプルなカットでも、ペットの可愛さは大幅アップします。ぜひ、これを機にボブスタイルに挑戦してみてください。

    3. 長めの毛を活かしてオシャレに!三つ編みアレンジ

    ブリーダーは、愛犬たちの健康や美しさを追求する仕事ですが、美容面も重要なポイントです。そのため、3本の長い毛を活かして、オシャレな三つ編みアレンジがおすすめです。 三つ編みアレンジは、可愛らしさや美しさを演出するだけでなく、毛玉の防止や絡まりの改善にも効果があります。ブリーダーなら、ぜひ三つ編みアレンジにチャレンジしてみてください。 毛玉を防ぐためには、髪の毛をしっかりととかしておくことが大切です。また、毛先に向けて三つ編みをすることで、毛玉のできる原因である反対方向への毛の摩擦を抑えることができます。 三つ編みアレンジは、複数のデザインがあり、螺旋状やリボンのような形状にもできます。毛色や犬種によって、イメージやデザインも変化しますので、ブリーダーの皆さんは、ぜひともトリミング段階での三つ編みアレンジにチャレンジしてみてください。

    4. トリミング後の特別なアレンジ。ウェディングスタイルの作り方

    愛犬も一緒に特別な日を迎えたいという人も増えています。ブリーダーとして、トリミング後の愛犬をウェディングスタイルにすることもできます。まずは、愛犬に似合うデザインを選びます。特に人気なのは、フェイシャルトリミングをして眉毛を強調したキュートなスタイル。その上に、首飾りやリボンを付けることで、よりウェディングらしい雰囲気を演出できます。また、ブーケを持たせることも可能です。愛犬と一緒に式に参加する場合は、ドレスを着せることで華やかな雰囲気を醸し出せます。トリミングとアレンジによって、愛犬も特別な日を盛り上げることができます。

    5. 初心者でも挑戦しやすいレトロ風カットの作り方

    犬のブリーダーとして活動するには、犬を綺麗にする事がとても重要です。中でも被毛のカットは非常に重要で、見た目やお手入れのしやすさに大きく影響します。そこで、初心者でも挑戦しやすく、レトロ風のカットを作る方法を紹介します。 まずはカットしたい部位の長さを決めます。長めにしたい場合は、はさみで犬の被毛を引き出しながらカットしていきます。短めにしたい場合は、トリマーでカットすると綺麗に仕上がります。 次に、輪郭を整えます。フェイスカットやトリミングバサミを使って、犬の顔周りや足裏、お尻の周りなど、必要な場所をカットしましょう。顔周りは、目や耳を傷つけないように特に慎重に行いましょう。 最後に、仕上げのトリミングをします。全体的なバランスや形を整え、毛先を整えることで、より美しい仕上がりになります。 レトロ風のカットに挑戦する場合は、波状、丸み、三角形など、犬種や目的に合わせた形を作ると良いです。レトロな雰囲気を出すためには、間延びした被毛やフサフサな毛先がポイントです。 初心者でも挑戦しやすいレトロ風のカットは、見た目にこだわりたいブリーダーにはおすすめです。綺麗にカットするためには、道具や技術を磨くことが大切です。まずは簡単なところから始めて、徐々にレベルアップしていきましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。