シンバちゃん

ブリーダーも愛用!自家製無添加犬ごはんの作り方

お問い合わせはこちら

[営業時間] 12:00 〜 22:00 / [定休日] 不定休

ブリーダーも愛用!自家製無添加犬ごはんの作り方

ブリーダーも愛用!自家製無添加犬ごはんの作り方

2023/12/10

犬を飼っている人にとって、愛犬の健康は何よりも優先することです。そのため、犬ごはんを自分で手作りする飼い主も増えています。今回は、ブリーダーの方々も愛用する、自家製無添加犬ごはんの作り方を紹介します。素材選びから調理方法まで、丁寧な手順で解説しているので、初めての方でも簡単に作ることができます。愛犬に最高のごはんを提供して、健康的で幸せな暮らしを送りましょう。

目次

    自家製無添加犬ごはんとは?

    自家製無添加犬ごはんとは、ブリーダーたちが自ら手作りした、愛犬に安心して食べさせることができるご飯のことです。通常の商業的な犬ごはんには、保存料や着色料などの添加物が含まれていることがほとんどですが、この自家製無添加犬ごはんは、そのような有害な成分が一切含まれておらず、完全に自然な食材のみを使用して作られます。 ブリーダーたちは、愛犬の健康を第一に考え、自家製無添加犬ごはんを作ることが多いです。作り方にもよりますが、鶏肉や野菜を細かく切って炊いたり、肉と野菜を刻んで混ぜた手作りの犬ごはんが一般的です。また、適量のカルシウムやビタミンを配合し、栄養バランスが良いご飯を作ることも大切です。 自家製無添加犬ごはんを食べることで、愛犬たちは人工的な成分を摂取することなく、自然な食材を摂取することができます。また、ブリーダーたちは、自分たちが作った犬ごはんの原材料をしっかりと把握し、愛犬たちに安全で健康な食事を提供することができます。愛犬の健康を守るためにも、自家製無添加犬ごはんの利用をおすすめします。

    ブリーダーも愛用する理由とは?

    ブリーダーは、愛する犬や猫の健康管理や、子犬・子猫の成長を願い、高品質なペットフードを愛用することが多くあります。高品質なペットフードは、動物たちに必要な栄養素をバランスよく補給し、健康的な体を維持することができるため、ブリーダーたちはより一層、愛犬・愛猫たちを健康的に育てるためにペットフードの選択にこだわっています。さらに、優良なペットフードには、消化吸収の良い原材料が使用されており、健康な毛並みや肌、便秘を起こすことなく快適な生活を送ることができます。ブリーダーたちは、ペットフードの安全性や品質管理にも非常に熱心であり、ペットたちの健康を第一に考え、それらをベースにペットフードを選び、愛用するようにしています。

    簡単に作れるレシピをご紹介!

    簡単に作れるレシピをご紹介!ブリーダーの方には忙しい日々が多いかと思いますが、しっかりと栄養をとることは大切です。そこで簡単に作れる栄養豊富なレシピをご紹介します。まずは、鶏むね肉をフライパンで焼き、刻んだキャベツや人参、玉ねぎなどの野菜を炒め、トマト缶を加え、煮込みます。最後に塩、黒コショウ、オリーブオイルで味を整えれば、ヘルシーで美味しいトマトソースが完成です。また、魚介類を使った料理もオススメです。サザエを酒蒸しにし、そのまま食べても美味しいですが、バター、にんにく、赤唐辛子を加え、炒めたり、パスタと一緒に煮込んだりすると、より一層美味しくなります。忙しい日でも手軽に作れる栄養満点のレシピを参考に、健康的な食生活を心がけましょう。

    注意すべき食材とその代替方法

    ブリーダーとして活躍する人たちは、動物たちが健康になるような栄養バランスのとれた食事を提供することが求められます。ただし、注意しなければならない食材もあります。たとえば、チョコレートやアボカド、玉ねぎなどの人間には美味しい食材でも、犬や猫にとっては有害な成分を含んでいます。これらの食材を無理に与えてしまうと、動物の健康に悪影響を与えてしまうことがあります。そのため、ブリーダーたちは代替方法を探す必要があります。たとえば、犬にはシリモモやスイートポテト、スプリンググリーンなどが良い代替食材として挙げられます。また、猫にはタンパク質が豊富な鮭や鶏肉、玄米やかぼちゃなどがおすすめです。このように注意すべき点がある食材に関して、代替手段を考えることで動物たちの健康維持に役立てることが大事です。

    与える際のポイントと注意点

    ブリーダーにとって、子犬を新しい家庭に送り出すときは特に注意が必要です。与える際には、その子犬が健康で幸せに暮らせるような環境が整っているかどうかを確認する必要があります。例えば、犬にとって安全な住環境が整われているか、十分な栄養を与えられる状態にあるかなどが挙げられます。 また、子犬にも個性があるため、新しい飼い主さんとの相性も考慮する必要があります。例えば、子犬が活発でグイグイきてしまう場合は、お年寄りの方にあげるのは避けるべきです。 さらに、子犬を迎え入れる飼い主さんにも注意点があります。犬を迎える前に、犬の飼育に必要な知識や時間、費用についても十分に考える必要があります。また、子犬は常に監視が必要な面もあるため、飼い主さんにはそうした覚悟もしていただきたいところです。 以上のように、子犬を与える際には、健康や環境、個性や相性、飼い主の覚悟などをしっかり考慮した上で選ぶことが大切です。ブリーダーとしては、子犬が幸せに暮らせるような飼い主さんに引き渡すことが、私たちの使命でもあります。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。