シンバちゃん

ワンちゃんのトイレトレーニングのポイントと注意点

お問い合わせはこちら

[営業時間] 12:00 〜 22:00 / [定休日] 不定休

ワンちゃんのトイレトレーニングのポイントと注意点

ワンちゃんのトイレトレーニングのポイントと注意点

2023/12/15

ワンちゃんを飼うにあたり、トイレトレーニングはとても大切な一歩です。そこで、本記事では、ワンちゃんのトイレトレーニングのポイントと注意点をご紹介します。正しいトイレトレーニングを行うことで、愛犬と快適な生活を送ることができます。是非、参考にしてみてください。

目次

    ワンちゃんのトイレトレーニングとは?

    ブリーダーの皆様にとって、トイレトレーニングは非常に大切な一歩です。ワンちゃんが家に来たばかりの頃は、トイレをする場所もわからないため、うんちやおしっこを家中にすることもしばしばあります。そこで、トイレトレーニングが必要になります。 トイレトレーニングは、ワンちゃんにトイレでうんちやおしっこをすることを覚えさせることです。トイレトレーニングを行う上で大切なのは、決まった場所で行うことです。例えば、トイレシーツやトイレトレーを置く場所を決めて、そこでトイレをするように教えることが重要です。 また、トイレトレーニングには、おしりを拭いたり、うんちを片づけるといった作業も含まれます。初めは慣れないことで失敗することもあるかもしれませんが、焦らずに繰り返し教えることが大切です。 トイレトレーニングには、しつけの一部が含まれます。ワンちゃんが覚えたことは、しつけをする上でも大きな役割を果たします。しっかりとトイレトレーニングを行って、ワンちゃんとの生活をより快適に過ごせるようにしましょう。

    ポイント1:トイレ場所を決めよう

    ブリーダーを始める際には、動物たちのトイレの場所を決めることがとても重要です。動物たちが排泄する場所をはっきりと決めることで、汚れやニオイが拡散することはなく、衛生面も保たれます。また、トイレの場所を一か所に決めることで、清掃も楽に行うことができます。トイレの場所を決める際には、排泄をする種類の動物に合わせて、砂やベッドシートを敷くなど、適切な下敷きを用意することも大切です。動物たちが快適に過ごせるよう、お手入れや清掃にも時間をかけましょう。トイレの場所を決めることで、動物たちが清潔で健康的に生活することができます。

    ポイント2:正しいタイミングでトイレに誘導しよう

    犬のトイレトレーニングにおいて、正しいタイミングでトイレに誘導することが非常に重要です。特にブリーダーとして犬を育てる場合は、トイレトレーニングの基礎をしっかりと身に付けておくことが必要不可欠です。 最も基本的な方法は、食事や水分摂取後や、夜間や朝の時間帯、また遊んで興奮した後など、排泄のタイミングとなる時にトイレに誘導することです。また、犬がトイレをした場合には必ずお褒めの言葉とリワードを与え、犬が正しい行動をしたことを褒めてあげましょう。 ただし、注意すべき点もあります。例えば、犬が見ている前でトイレをすることは控え、犬が安心できる場所でトイレさせることがポイントです。犬を怒ったり叱ったりすることはせず、犬自身がトイレに行く意志を持てるように、犬の気持ちを理解しながらトレーニングを行っていくことが大切です。 正しいタイミングでトイレに誘導することができれば、犬は自然に排泄するクセを身に付けることができます。ブリーダーとして犬を育てる際には、トイレトレーニングの基本をしっかりと身に付け、犬が快適に生活できる環境を整えることが必要です。

    ポイント3:しつけは徹底するが、怒らないようにしよう

    ブリーダーの仕事は、健康的で性格の良い犬を育てることです。そのためには、犬のしつけが必要不可欠です。しかし、しつけをするときに怒りすぎると、犬にストレスをかけてしまい逆効果になってしまうことがあります。 そのため、しつけを徹底することは大切ですが、犬に優しく接することも同じくらい重要だということを覚えておくべきです。犬に怒り過ぎると、犬が自分に対して怖がるようになってしまうことがあります。また、犬がストレスを感じると、病気になったり、攻撃的になることもあります。 そのため、犬のしつけをするときは、落ち着いて、冷静に対処することが大切です。そして、犬に対して優しい言葉や手のひらを出すことで、犬が自分に対して安心していることを伝えることができます。 ブリーダーとして、犬の性格を良くするために、しっかりとしたしつけは必要なことです。しかし、怒り過ぎることで犬を傷つけたり、信頼関係が壊れてしまうことは避けなければなりません。常に、犬に対して優しい態度で向き合い、しっかりとしたしつけを行うことが理想的です。

    注意点:トイレの失敗には厳しくするのはNG

    ブリーダーとして、犬たちが健康で幸せに生きることが最も大切だと思っています。その中でも、トイレのトレーニングは犬たちに多大なストレスを与えるもので、トイレ失敗を指摘して厳しく叱ることはNGだと考えます。 犬たちは自分が失敗したことを知っているため、トイレに成功させるために熱心にトレーニングしています。しかし、天候や健康の問題など、トイレ失敗することもあります。この場合、人間が怒って急に叱ったりすると、犬は混乱してしまいます。さらに、犬が人間に反感を持ってしまうこともあります。 そのため、トイレ失敗したときには、冷静に対処しましょう。トイレを失敗した場合でも、犬が大事な家族の一員であることに変わりはありません。手間暇かけてトイレのトレーニングを続け、成功するようにサポートしましょう。 愛情を持って接し、トイレのトレーニングも犬が嫌がらない方法で行うことが、犬たちのストレスを軽減し、幸せで健康的な生活につながると信じています。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。